医学部 基礎医学公衆衛生学Epidemiology and Public Health

JapaneseEnglish

研究室HP

公衆2019

当教室では開設以来、疾病の成因解明、医療の評価に関する疫学研究を中心として行ってきた。個別のテーマとしては、がん、循環器疾患などの生活習慣病、カドミウムやダイオキシンに関する環境保健、産業医学、先天異常の疫学、難病の疫学など多岐にわたる。
医療情報に関する大規模データベースの構築が進捗しつつある今、疫病予防の推進や適切な医療の提供を行う上で疫学の果たす役割はますます大きくなっている。疫学、予防医学、疾病対策に関心がある方のご連絡をお待ちしています。

お問い合わせ

TEL: 076-218-8093 +81-76-218-8093 / FAX: 076-286-3728 +81-76-286-3728 / Email: pubhealt@kanazawa-med.ac.jp

所属者紹介

講座主任

  • 西野 善一 02

(併)看護学部教授

  • 森河 裕子

特任教授

  • 西条 旨子

講師

  • 長澤 晋哉

助教

  • 瀧口 知彌

主な研究業績

部門別研究業績

  • Perinatal dioxin exposure and neurodevelopment of 2-year-old Vietnamese children in the most contaminated area from Agent Orange in Vietnam. Sci Total Environ. (678:217-226. 2019)
  • Causes of death in patients with Itai-itai disease suffering from severe chronic cadmium poisoning: a nested case-control analysis of a follow-up study in Japan. BMJ Open (7:e015694. 2017)
  • Challenges in breast and cervical cancer control in Japan. Lancet Oncol. (17: e305-e312. 2016)
  • Associations between inflammatory markers and subclinical atherosclerosis in middle-aged white, Japanese-American and Japanese men: The ERA-JUMP study. Journal of Atherosclerosis Thrombosis (22: 590-598. 2015)
  • The effect of age on the relationships between work-related factors and heavy drinking. Journal of occupational health (56: 141-149. 2014)

主な外部研究資金

  • 科学研究費
    「がん患者における診断から治療開始までの期間の格差と規定因子」 西野 善一
    「ダイオキシンによる小児自閉スペクトラム症と体内時計の変化に関する分子疫学的研究」西条 旨子